大卒就職サイトランキング

リクナビNEXT [大卒者に選ばれた人気No.1の就職サイト]

  • 最新の企業セミナー情報がいち早く掲載される
  • 就職情報の更新は頻繁にされていて、面接対応など充実していて新卒者向きの求人サイトになっている
  • 年間就職成功者数2万人超え!
>>リクナビNEXT利用者の感想を見る
求人数 運営会社名 求人の地域 公式サイト
約200万件 株式会社リクルート 全国対応 http://next.rikunabi.com/

はたらいく
  • ヤフーやタウンワークネットなどと提携しているため多数の求人を掲載
  • 地域密着型で首都圏だけでなく地方の求人に強い
  • 毎週月曜日と木曜日の週2回更新、就職特集は、毎号2回更新される
求人数 運営会社名 求人の地域 公式サイト
5,000件以上 リクルート 全国対応 http://hatalike.yahoo.co.jp/

anレギュラー
  • 正社員だけでなく派遣やアルバイトも掲載されている
  • 就職活動の体験談が掲載されていて参考にできる
  • 他の求人サイトと併用をおすすめする
求人数 運営会社名 求人の地域 公式サイト
2,000件以上 インテリジェンス 全国対応 http://regular-shigoto.weban.jp/

 

大卒就職には就職サイトの利用がお勧め

 

大学生の就職活動の手順としては、まず最初に情報収集をしてエントリーします。エントリーとは興味のある企業に対して自己アピールするための行為で、就職サイトや各企業のホームページより行います。その後、会社説明会に参加し、自己PRや志望動機などを記載したエントリーシートを提出します。最終的には面接にる選考が行われ、内定というステップを踏んでいくのが一般的です。

 

ひと昔前までは資料請求と言えば、全て封書やハガキなど書面で行われるのが通常で、その頃の平均資料請求数と現代の平均エントリー数はほぼ同数だと言われています。一方、昔に比べて拡大しているのは学生一人あたりの会社説明会の参加社数です。より多くの集団からより良い人材をピックアップしたいという企業側の意向から、説明会が拡大化され回数も増えたことが一つの要因だと考えられるでしょう。最近では大学で開催される合同説明会も大規模化されており、多くの説明会に参加するのが自然な流れとなっているのです。

 

就職戦争を勝ち抜くには、より多くの企業にエントリーし説明会に参加することが大切です。ただ、どこもかしこもエントリーするのは合理的ではありません。自分の希望する職種や条件を明確にした上で、気になる企業に対してのみエントリーするのが得策です。そのためにはできるだけ多くの企業情報を入手することが大切です。

 

企業情報を得るのに最も合理的なのが、学生向けの就職情報を発信し就職活動をバックアップしてくれる就職サイトの利用です。ひと言に就職サイトといってもたくさんあって、登録方法や使い方、特徴などが異なります。複数の就職サイトを比較検討し、自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。

 

 

お役立ちサイト
http://xn--1-tv8an6yrnkhp7a.net/top
既卒の就職の手助けをします。

 

 

転職前と転職直後と言うのは、当人にとってまさしく波乱の日々となります。慣れ親しんだ環境を自分から離れ、そして新しい環境に馴染むために仕事に勤しみながら人間関係も気にしなければならない。新しい環境が楽しみな人であっても、そうでない人にとっても必ずストレスがたまってしまう期間とも言えるのです。

これまで外国の方が日本で転職活動をする場合、専門的な技能を持った人を除けば仕事はそれほど多くはありませんでした。ですが、企業の海外進出が活発化するに伴い、外国の方を積極的に採用し始める会社も増えてきています。

転職する場合大事な事に、転職する為の準備があります。
この準備をするメリットは、焦らず転職できる事につながりますので、ぜひ準備するといいでしょう。

 一昔前までは、履歴書をパソコンで作成することで自分のパソコン能力スキルもアピールできるということで、履歴書はPC入力のものが推奨されていました。しかし最近になって、今度は誰もがパソコンで作成した履歴書を利用するということで、手書きの履歴書が見直されてきています。

 ただでさえ早起きは苦手なのに通勤時間は2時間。これはとても大変なことです。何もやらずにムダな時間を過ごすなんてもったいない。ついついそう思ってしまいます。でも通勤時間というのは結構色々とできることもあるのです。たまっていた本を読む、仕事を再確認したりする時間にもなります。でも、やっぱり時間がかかればかかるほどデメリットになることの方が多いと思います。しかも仕事がうまくいっていなかったり会社が大変な時であったりするともうこの通勤時間にうんざりしてしまいます。

 転職の最初の難関は、書類審査で合格することです。その難関を突破して、面接に挑みますが、せっかく書類審査で合格したのに、ここで落ちてしまう方もいます。面接は、審査される側と、審査する側がはっきりと別れ、分かりやすい状況です。しかしの状況は、審査される側にとっては、とても緊張する場になります。

 転職する場合に最初の難関となるので、書類審査です。ここでつまずくと、何も始まりません。書類審査で、自分をアピールしないといけない訳ですが、履歴書の志望動機にどう書くといいのか迷ってしまう人も多いです。確かに、履歴書を読んでもらい、この人に会ってみたいと思わす事は難しことですが、志望動機などで会いたいと思わせる事もできます。

 私が高校を卒業し就職する時、会社選びで一番重要視したのは、給料よりも仕事内容でした。小さい頃からデザインに興味があり、学校の運動会でも看板を書いたり、クラスのロゴを作ったりしていたので、地元の印刷会社に就職しました。

 保険セールスを1年していましたが、成績が上がらず精神的にも参ってしまったので転職することにしました。ハローワークにも行ってみましたが、良い案件が見つかりませんでした。他にはネットで求人情報などを探したり、新聞やライナーを見て、ここなら良いかな?という会社に面接に行ったり書類を応募したりしました。しかし何一つ良い結果を得ることがきず落ち込んでいました。

 私は、既卒者の採用で入社して勤めていた交通誘導員から、郵便配達員へと転職をしました。私が、なぜその交通誘導員から転職をしなければならなかったのかというと、それは勤めていた会社の経営状態が悪化してしまい、私を含め多くの人が人員整理の対象になってしまったからです。