転職の面接で本音を語る為にポジティブに言葉を変換しましょう

 転職の最初の難関は、書類審査で合格することです。その難関を突破して、面接に挑みますが、せっかく書類審査で合格したのに、ここで落ちてしまう方もいます。面接は、審査される側と、審査する側がはっきりと別れ、分かりやすい状況です。しかしの状況は、審査される側にとっては、とても緊張する場になります。


 面接官は、なんども面接をしている方も多く、冷静にさまざまな事を質問して来るでしょう。そこで緊張している審査される側は、上手く言葉にできない状況になる事もあります。

 

 転職活動は様々な理由でおこないますが、アンケートによると後ろ向きな理由が本音にある方も多いようです。そのため、面接で転職の理由をうまく説明できなくなり、聞こえが良いだけで中身のない事を言ってしまう方もいます。例えば「自分がこの仕事に挑戦し成長できると思ったからです」と答えても、面接する側からしたら意味がない話です。転職理由を隠したくなるのもわかりますが、ごまかしてもしょうがないのです。面接では、包み隠さずできるだけ自分の本音を伝えることも大事です。それを隠してまで、適当な言葉でごまかしても逆にマイナスになる恐れも高いという事を理解した方がいいでしょう。そのような本音を話す場合に大切な事は、言い回しのセンスです。

 

 ネガティブな話をポジティブに変換する練習をしておきましょう。この意識で面接をすると本音を隠す事もなく、事実を伝える事ができ、面接官にも前向きな姿勢を印象づける事になるでしょう。

 

《参考元》
転職の動機について
転職活動の動機探しに利用できる。