履歴書は手書き?それともPC作成?

 一昔前までは、履歴書をパソコンで作成することで自分のパソコン能力スキルもアピールできるということで、履歴書はPC入力のものが推奨されていました。しかし最近になって、今度は誰もがパソコンで作成した履歴書を利用するということで、手書きの履歴書が見直されてきています。


ではどちらがいいのか?という疑問がでてくるでしょうが、その選択によって好印象悪印象はそれほど与えることがないので、あまり深く考えなくても大丈夫でしょう。ただし、面接官が古風な考え方を持つ場合は、あえて応募条件の中に「履歴書は手書きのものを持参すること」といった注意書きがつけられている場合があります。その際は、必ず手書きの履歴書でなければ、応募条件を満たしていないということで、選考に落ちてしまうので注意をしましょう。

 

<転職活動お役立ち情報>
転職サイトの活用方法と転職活動のポイント
おすすめの転職サイトをアンケートを元にランキングしている。

 

 パソコンの履歴書の強みは、失敗してもすぐに手直しができるという点と、同じものを一度に何枚も作成できるという点です。しかしながら、それを短所とみる向きもあり、それだけ多くの履歴書を、あちこちに出していると思われるのではないかと心配する人もいるらしいのですが、担当側はそこまで気にすることはないでしょう。しかしながら、手書きの場合はほんの少し間違えただけでも修正は不可で全部を書き直すという慎重性が、提出の時点で確認できており、また美しい文字などは強いアピールポイントにもなるので、文字が美しい人は、手書きのものはプラスになるでしょう。